MENU

通販サイトの落とし穴

室内

見えない部分に気を配ろう

クラシックな雰囲気の家具には、どこか惹かれる部分があります。ちゃぶ台もそんな家具の一つです。丸みのある天板に短い脚が付いた机で、日本では昔の時代によく使われていました。家族で囲んで使うイメージがあるように、ちゃぶ台にはみんなが集まる場所という雰囲気があり、そこが大きな魅力です。現代でもちゃぶ台は手に入ります。家具の通販サイトなどで見かけることもあるでしょう。ただ、買う時に何も考えずに買うのは損のもとです。通販で販売されているちゃぶ台には、いろいろな物があります。形状や材料にそれぞれ特徴があります。値段も高級感のある高い物、これでいいのかと思えるような破格な物と様々です。問題はその破格な物を買う場合です。通販では実物を見ることができないため、写真や値段で判断するしかありません。安いからこれにしようと安直に考えて購入した商品が、実はぼろぼろで手入れや修理が必要だったということがよくあります。値段だけで選ぶことは危ないわけです。通販の商品の値段は、物の状態にも左右されます。自分で修繕するという場合を除き、多少値が張ってもそれなりの高さの物を買う方が賢明です。長持ちするというのもあります。手軽さと実用性のあるちゃぶ台には、壊れやすいというデリケートな部分もあります。もたれかかって体重をかけるなんて使い方をすれば、すぐに足がぐらついてしまいます。高価な物は作りもしっかりしており、ほんの少しの無理では壊れません。商品の全容が判別しにくい通販だからこそ、状態に気を配る必要があります。

オススメ記事

和室

人体に優しい木材を使用

ちゃぶ台は昭和初期の頃から、家庭団欒に欠かせない家具になっています。家具の専門店やインターネット通販のお店では、無垢素材などの人体に優しい素材の商品が豊富に揃っています。美しい色合いが特徴で、折りたたみができる商品が多いです。

男女

時代と共に消えた家具

家族団欒の象徴として、昭和初期に普及したちゃぶ台ですが、現代ではその姿を見る方が難しくなっています。しかし、昭和時代を題材にしている、ドラマや映画では、変わらず家族団欒のシーンにて、使われているます。

部屋

インテリアとして最適

ちゃぶ台を選ぶときは、部屋の大きさに合わせて色や形を選ぶ必要があり、高品質な国産品を選ぶほど3万円以上の値段になりますが、安っぽさがなくなる上に見栄えがかなり良くなるので、インテリアとして使用するときにおすすめです。

女の人

買う前にやっておきたい事

ちゃぶ台がアンティーク家具として人気を集めていますが、選ぶ際には見た目の色や雰囲気だけでなく、形やサイズ、高さなど、実際の用途に合わせたものを選びましょう。また、天板や脚などの仕様など細部にも注目すると、気に入るものが見つかります。

Copyright© 2017 昭和の雰囲気を大切にできるちゃぶ台!家族全員で食卓を囲もう All Rights Reserved.