MENU

時代と共に消えた家具

男女

家族団欒の象徴として

家族団欒の象徴として、現代でもその共通の認識がもたれています。ちゃぶ台は折り畳み式であり、円形の物から正方形や長方形の形をしています。ちゃぶ台という名前には、諸説ありそう呼ばれるようになったか特定することは難しいです。地域によって、少しずつ呼ばれ方が違います。多くの人に愛用されてきたちゃぶ台ですが、時代の流れによって、ダイニングテーブルなどに移行していきました。現代の生活には、ちゃぶ台が使われてはいませんが、ドラマや映画などで目にすることも多く、知名度だけはあります。また、アニメのキャラクターが、怒りを爆発させた際に、ちゃぶ台をひっくり返したことが多くの人の印象に残り、怒りの爆発を表現する手法として定着しました。しかし、実際にキャラクターがその行動を取ったのは、一度きりだったらしく、そのイメージの先行により、何度も何度もそんな行動を取っていると勘違いされていました。これも、ちゃぶ台の知名度を上げることに貢献した出来事といえます。また、ドラマや映画の時代背景を補強するのに、ちゃぶ台のような、当時使われていた道具を置くことは、有効なことです。実際には、時代考証を請け負う人がいて、出来る限りの再現を試みます。しかし、実際とは違った部分も多少はあり、それは現代の人間がドラマや映画を見ることを前提としているからです。必要な部分と不必要な部分を分けて、物語に入りやすくなる工夫もされています。

オススメ記事

和室

人体に優しい木材を使用

ちゃぶ台は昭和初期の頃から、家庭団欒に欠かせない家具になっています。家具の専門店やインターネット通販のお店では、無垢素材などの人体に優しい素材の商品が豊富に揃っています。美しい色合いが特徴で、折りたたみができる商品が多いです。

男女

時代と共に消えた家具

家族団欒の象徴として、昭和初期に普及したちゃぶ台ですが、現代ではその姿を見る方が難しくなっています。しかし、昭和時代を題材にしている、ドラマや映画では、変わらず家族団欒のシーンにて、使われているます。

部屋

インテリアとして最適

ちゃぶ台を選ぶときは、部屋の大きさに合わせて色や形を選ぶ必要があり、高品質な国産品を選ぶほど3万円以上の値段になりますが、安っぽさがなくなる上に見栄えがかなり良くなるので、インテリアとして使用するときにおすすめです。

女の人

買う前にやっておきたい事

ちゃぶ台がアンティーク家具として人気を集めていますが、選ぶ際には見た目の色や雰囲気だけでなく、形やサイズ、高さなど、実際の用途に合わせたものを選びましょう。また、天板や脚などの仕様など細部にも注目すると、気に入るものが見つかります。

Copyright© 2017 昭和の雰囲気を大切にできるちゃぶ台!家族全員で食卓を囲もう All Rights Reserved.