MENU

買う前にやっておきたい事

女の人

理想のサイズを知るために

最近、ちゃぶ台がアンティーク家具として人気を集めつつありますが、リーズナブルで親しみやすい日本伝統のローテーブルは、確かに魅力の大きい逸品ですよね。そんなちゃぶ台をワンルームの部屋に置きたい、畳の部屋に置きたいと希望する人は多いですが、購入する時に押さえておきたいポイントがあります。それは、サイズと高さ、そして形です。ちゃぶ台を選ぶ時に、色や仕上げ加工などを気にする人は多いですが、実は部屋に置いたときの存在感は重要なポイントです。ちゃぶ台にもいくつか種類があり、食卓として使う丸型のものや角型のものの他、一人用の膳に適した豆ちゃぶ台などもあります。人気は丸型のようですが、食卓として使う場合は、実際に部屋に置いた時に使い勝手が良いかどうか、サイズや高さなどを事前に計算しておく必要があります。何人で使うのか、どのように使いたいのか、生活の中での用途をきちんと決めてから形やサイズを選ぶと、最適なものを選びやすくなります。例えば豆ちゃぶ台などは天板が20cm四方程度の本当に小さなものもあり、膳だけでなく観葉植物を置く台などにも使えます。また、天板の仕様や脚のデザインにも是非注目したいですね。天板が一枚板で作られたものは少々高価ですが風格がありますし、すべてを同じ種類の木で作ったものは良品となります。脚も角脚、丸脚、装飾加工など様々な工夫がありますから、是非細部にまで目を凝らして気に入る逸品を探したいですね。

オススメ記事

和室

人体に優しい木材を使用

ちゃぶ台は昭和初期の頃から、家庭団欒に欠かせない家具になっています。家具の専門店やインターネット通販のお店では、無垢素材などの人体に優しい素材の商品が豊富に揃っています。美しい色合いが特徴で、折りたたみができる商品が多いです。

男女

時代と共に消えた家具

家族団欒の象徴として、昭和初期に普及したちゃぶ台ですが、現代ではその姿を見る方が難しくなっています。しかし、昭和時代を題材にしている、ドラマや映画では、変わらず家族団欒のシーンにて、使われているます。

部屋

インテリアとして最適

ちゃぶ台を選ぶときは、部屋の大きさに合わせて色や形を選ぶ必要があり、高品質な国産品を選ぶほど3万円以上の値段になりますが、安っぽさがなくなる上に見栄えがかなり良くなるので、インテリアとして使用するときにおすすめです。

女の人

買う前にやっておきたい事

ちゃぶ台がアンティーク家具として人気を集めていますが、選ぶ際には見た目の色や雰囲気だけでなく、形やサイズ、高さなど、実際の用途に合わせたものを選びましょう。また、天板や脚などの仕様など細部にも注目すると、気に入るものが見つかります。

Copyright© 2017 昭和の雰囲気を大切にできるちゃぶ台!家族全員で食卓を囲もう All Rights Reserved.